Related - tributes and parodies -


このページでは、スタートレックに関連した音楽の情報を集めました。



- Tributes -

 
Star Trek 30 Years - A Tribute [詳細]
Various Artists
1996 BMG Ariola Media GmbH : 74321-39180-2
 これは、1996年にスタートレック30周年を記念して制作されたオムニバス・アルバムで、ほとんどがこのアルバムのために書かれたと思われる新曲で構成されています。 曲調は、ポップス、ハードロック、ラップ、ハウスなど様々ですが、ちょっとうるさめの曲が多いのが玉に瑕ですね。 "Made in the EC"と書かれていますが、明らかにドイツ盤でしょう。
 アルバムの冒頭は LE VOYAGEによるヴォイジャーのテーマ曲のアレンジ・ヴァージョンで、実際にSTシリーズで聴かれるメロディを使用しているのはこの曲だけです。 ヴォイジャーのテーマはオリジナル・サントラの他に、ジョエル・ゴールドスミスによる2ヴァージョンが公式リリースされていますが、個人的にはこのアルバムの演奏の方が気に入ってます。
 その他の曲は、STに関連した内容を唄っているようなのですが、ほとんどがドイツ語ですし、英語もヒアリングは特に苦手なので、なにがなんだかさっぱりわかりません。 たまにドイツ語のラップのなかに"Tasha Yar"とか"Cardassia"とか言ってるのが聞き取れます。
 また、EDELWEISS"The Return Flight of Raumschiff Edelweiss"でエントリしています。 タイトルを見ると、TOSのテーマをフィーチャーした "Starship Edelweiss"の続編のようで期待してしまったんですが、残念なことにこの曲ではSTのメロディは聴けません。 (冒頭だけはそれっぽいんですけどね。)
 お薦めは、ANYA MAHNKEN"Ich Bin Verknallt In Jean-Luc Picard"(「ジャン=リュック・ピカードに首ったけ」のような意味)という曲。 ウィスパー・ヴォイスの女性ヴォーカルが"Jean-Luc..."と囁くように唄うのは、ピカードファンならずとも必聴です。



- Parodies -

 
Star Trekkin' / THE FIRM
1991 Rhino Records Inc. : R2 70743
2003 Laugh.Com, Inc : LGH1137
 1987年にシングルとして発表された、TOS世代のファンにはおなじみのコメディ・ソング。


 
Star Trek Rhapsody / HILLMAN MORNING SHOW
1997 Restaurant Records : 1005-2
 TOSの登場人物の物真似で歌うパロディソング。 演奏時間は1分ちょっとで、少し物足りない感じは否めません。


 
Stardrek / BOBBY PICKETT & PETER FERRARA
1998 Varese Sarabande Records : VSD-5882
2003 Laugh.Com, Inc : LGH1137
 TOSのオープニングをパロディーにしたナレーションから始まる、ミニ・ドラマ形式の作品。 元は1977年にシングルとして発表されているので、相当息の長い作品だと言えますね。


 
William Shatner / THE SCOFFLAWS
1995 Moon Ska Records : MR052CD
1997 Moon Ska Records : MR097
 ずばり"William Shatner"というタイトルの曲!  俳優ウィリアム・シャトナーをネタにしたコメディ・ソングで、カークの口まねなどをしながら歌っています。 "Ska in Hi-Fi"はスタジオ録音、"Live Vol.1"はライヴでの演奏を収録。



[ Main | Topics | Covers | Soundtracks | Actor/Actress | Related | S.P.O.C.K | Links ]

back to Daisy Planet Entrance


Daisy Planet
Copyright (c) 1996-2010 daisyplanet.com